> スマホ表示に切り替える

ウエダグループの倉庫内作業スタッフ採用サイト

ウエダグループ ブログ

2018/11/23

自分を理解していく

自分のことこそ、実は一番理解できていないと書きました。じゃあ、どうすれば、自分を理解できるのか。最近、教えてもらったのが、不本意な現実から、自分の大切にしていることを読み解くと言う方法です。不本意な現実とは、起こってほしくない現実のことです。

その不本意な現実が起こったときに、どういった行動をし、どういった結果になっているかを観察します。それを繰り返していくと。自分が何を大切にしているか、という信念が見えてきます。また人は不本意な現実が起きると、戦うか、逃げるかの2択。例えば、相手を批判したり、自分の考えを一方的に話したり、一方で、沈黙する、というような反応です。そのように、戦うか、逃げるか、という反応をする前に、外側にアクションする前に、自分が何を大切しているのか、気付くことにより、行動が変わります。

この1ヶ月くらい頻発しているのは、自分の考えや存在を理解してもらえないという現実を何度も体験しました。どういうことかというと、説明しても思ったような成果に繋がらないことが何度もありました。そして、今までは、理解されようと何度も説明したり、努力して存在感を出してみたり、目に見える形で対応してきました。もしくは、説明しても無駄だな、と諦めるというパターンしかありませんでした。そして、結果は何も変わらない、もしくは悪化するです。そのことになんの疑問もなく、それしか方法がないと思っていました。しかし、まずは自分で自分を理解する、ということが重要です。理解してほしい、ということを大切に思っていることに気づきます。そして、まずは自分で自分を理解をしてあげる、ということが本当に大切です。自分が自分を理解していないのに、人に押し付けるって、うまくいくはずがありません。

まずは自分が理解をしてあげて、そこから自分が言いたいことを相手に伝えていく。そのプロセスを入れると少し結果が変わります。

自分が大切にしていることは、人との理解だったり繋がりだったり、NVCのニーズを学ぶと整理がしやすくなります。

 

お問い合わせ、ご応募はお電話または
メールフォームからお気軽にどうぞ!

  • 0120-785-122
    受付時間 9:30~17:00
  • 求人応募フォーム